債務整理のデメリット

借金に困っている方は、債務整理を検討しているケースも多いでしょう。

 

債務整理をすれば、借金の一部あるいは全額が免除となるメリットがあります。しかし、大きなメリットゆえに、それと引き換えとなるデメリットも決して少なくはありません。

 

 

ここでは、債務整理にどのようなデメリットがあるのかを見ていきます。

 

クレジットカードが作れなくなる

まず挙げられるのが、クレジットカードが作れなくなるというデメリット。

 

クレジットカードは、今や国民1人につき1枚以上持っているともいわれています。特に、インターネットショッピングや海外旅行の際には威力を発揮するでしょう。

 

債務整理の中で、任意整理をするとその後5年間はクレジットカードを作れなくなります。自己破産をすると、10年間はクレカを発行できないと考えた方がいいでしょう。

 

ただし、最近ではクレジットカードと同じような使い勝手ながら、審査がないデビットカードやプリペイドカードもあります。

 

借金ができなくなる

クレジットカードも借金の一部と考えることができますが、債務整理をすると借金をすることができなくなります。

 

住宅ローンやマイカーローンはもちろんのこと、銀行のカードローンや消費者金融のキャッシング、意外なところでは携帯電話の割賦契約もできなくなるのです。

 

借金の申し込みをした時点で、貸金業者は信用情報機関に問い合わせをするのですが、申込者が債務整理をした事実が判明すれば審査段階でまず落とされてしまいます。

 

ただし、新たに借金ができないのは、借金額を増やさなくて済むという点ではデメリットではなくメリットともとらえられます。

 

就業制限がある

債務整理の中で最も借金減額の大きい方法は、自己破産です。税金などを除いたすべての借金を、原則免除してくれるという威力抜群の債務整理です。

 

ただしそれだけにデメリットも大きく、就業制限があるのもデメリットも一つです。

 

保険の外交員や警備員など、一部職種に限ってですが、自己破産をした人は該当する職業に就くことができません。再出発をしたい人にとっては少々頭が痛いかもしれません。

 

賃貸契約できないかも

アパートやマンションの賃貸契約の中で、欠かせないのが保証人。なかなか保証人が見つけられない人は、保証会社を使って賃貸契約をすることができます。

 

しかし、その保証会社が信販会社系の保証会社だった場合、債務整理をした事実が分かると保証人となってくれない場合もあるのです。

 

様々なデメリットがあるのが債務整理ですが、借金を支払わずに長期に渡って滞納をしても同じです。借金の返済ができなくなった時点で債務整理のデメリットと同じようなペナルティが課せられるので、債務整理を嫌うばっかりに闇金融に手を出してしまうなどはしないようにしてください。

 

闇金とはわかりづらい闇金が増えている

闇金に対して法律の整備も進み、悪徳金融への対策法がある近年。それでも消えることのない闇金は、形を変えて闇金と変わらないようなことをしています。

 

例えばレンタル屋。これは一見普通に家電や布団、もしくはブランドものをレンタルするお店に見えるかもしれませんが、その実態は高利貸しとなんら変わりない営業をしています。そのお店で何かレンタルしたとします。

 

まずレンタル代金を前払いで支払い、そして月々レンタル代金を支払っていくのですが、このレンタル代金が法外な金額であることが多いようです。もしくは一見ただの質屋さんなのですが、その実態はただの闇金、というのもあります。この質屋に見える闇金を利用すると、まず質屋に持っていく商品を売るとします。

 

すると売ったはずの物をレンタルする話になり、そのレンタル料を月々支払っていく形になるのですが、この利息とも言えるレンタル代金が法外な値段になっているのです。

 

実質的な闇金として警察に逮捕された事例もありますが、まだそこまでの逮捕者がいないということもあり、警察もこういった案件に対しては動くまでに時間が掛かります。警察が動くのを待ってる間にも厳しい取り立てをしてくるのです。

 

闇金の利用における取立てに困ってしまったら、まずは弁護士などで闇金対策に向けた相談を進めておくと安心です。その後、実際に解決の依頼をするかを話し合えば良いので、闇金の取り立てに困っている方はまずは相談なのです。